2011年11月25日

【T#9】~不変なものに注目する

タロットをやるようになってから、占いについていろいろと考えるようになった。

自分のタロット占い、「当たる!」と評判らしく、うれしく思う。とはいうものの、当たるためにやっているわけではない。どちらかというと、会話のきっかけになれば、そしてその人となりを理解する一助になればと考えている。

すなわち、その人が自分の人生とどう向き合うのか?今後どう進んでいったらいいのか?など。

人の運命というのは、なかなか予想するのは難しい。自分自身も、4年前の自分から見て、今の姿を想像するのは本当にできなかったし、今後5年先も予測するのは非常に困難。

なので、未来を予測するよりも、

自分の核となる考え、価値観というのは何なのか?一生かけられるもの、大切なものはなんなのか?

を見つけ出す方がいいのではないか?

すなわち変わりゆくものよりも変わらないものを見つけることといってもいい。

それを探すことが自分の経験から、そして何人かタロットを見た経験からもっとも重要だと思う。これからも、タロットを通じて一人一人の人生を見ていく際、こういった点を大切にしていきたい。