2011年12月11日

【B#10】人生は予想できない。だから面白い。

友人から、「前に進む力」(Douglas Purviance)を勧められ、先月一気に読み終えた。

グラミー賞の常連の人気ジャズ・オーケストラのリーダーでもある著者の、成功哲学みたいなもので、さすがは私の読書会でよく一緒になっている友人の薦める本。本当に面白かった。

その中で、

人生は設計できないからこそ面白い!

と書いてあった。

私自身、5年前に今の状態、いや1年前でも今の状態を予想するのは非常に難しい。なので、結局、人生を予想することを4〜5年前からやめている。

大事なのは、予想するのではなく、今最大限できることをしっかりやって、後は流れに身を任す。そして、自分の可能性を広げる事ではないか?

例えば、いろいろな経験を通じて思った事は、「向いている」か「向いていないのではないか」と考え込むのではなく、とにかく「決意し動く」こと。その結果として、もし向かないようだったら、軌道修正をする。

このようにチャレンジが次へとつながり、最終的に世の貢献へとつながると思う。

これからも、自分はいろいろな出会いや企業での経験を通じて、この視点を忘れずに動いていきたい。