2014年7月11日

【W#8】世界一周の計画をどう考えているか?

旅のプランが少しずつ固まってきた。

計画する際、まず始めたことは、どの国に行きたいかどうかのリストアップ。行きたいと思うところの各大陸別の優先順位づけを行った。例えば、アジアよりも日本から離れた欧州や南米に向かう、等。飛行機については、世界一周堂さんに相談しながら、世界一周の航空券のルートを決めているが、そこでカバーできない箇所は、LCC(格安航空券)を使用する予定だ。

今回の旅で知りたいことは、2つある。

第一に、医療といえば、薬でもって対処する療法が主流。製薬会社に勤めていた頃、薬価を高く取ることや売上を伸ばすことを考えていたのだが、先進国の共通の悩みとして医療費の高騰が挙げられる。欧米でも日本と同じような問題を抱えていると思うので、西洋医学ではカバーできないこと、あるいは、薬以外のアプローチについては、日本同様、模索していると思う。そこで、代替医療(オステオパシーやボディワーク、アロマセラピー等)どれだけ進んでいるのか?欧州とアメリカで住んで現状を知りたいと考えている。ボディワークの一つ、ロルファーの資格取得にも繋がるが、いろいろな手法とも出会い、体験したいと思っている。

第二に、スペイン語圏に行って、言語を学ぶこと。南米や中南米は全く行ったことがなく、恐らく自分から進んでいかなければ、仕事でも行かないと思う場所。せっかくなので、南米と時間があれば中南米に住んでみたいと思っている。異文化を知るということは、自分の文化をより深く知るための一つの手段。全く違った世界で自分はどう変化するのか?を楽しみたいと思う。

現在の計画している日程だが、

2014年9月1日に出発し、2014年9月は東南アジア(マレーシア、タイ、カンボジア、ベトナム)とトルコを旅し、2014年10月にドイツ(ミュンヘン)入り。2014年11月末までドイツに住み(ロルファーの資格勉強を8週間行う)、そこをベースに土日を使って欧州各国(北欧、ベネルックス、東欧)にも行く予定。2014年12月はイギリスに滞在し、スペインやアフリカ諸国も巡る予定。2015年1月〜3月からスペイン語圏の南米・中南米に向かい、2015年4月以降はアメリカ(主にコロラド)に移動。少しオセアニアに滞在後2015年6月末には日本帰国予定だ。

どちらかというと、最初の一ケ月は旅をし、その後はどこかに住んで、そこをベースに動くということになりそう。

以前、「【旅コラム Vol.5】横畠文美さんの講演会~世界一周から学んだこと」で世界一周を体験したご本人から学んだことを書いた。学んだ3点として、

1つ目は、高齢者があかるく元気に暮らしている町や国には、共通点があり、

身近な人に対する優しさや思いやりがあること。

2つ目は、幸せに年を重ねる、世代、人種、国境を越えて共通点として、

1)年齢を言い訳にしない

2)自分で選択し、自らの人生を作っている(他人に依存しない)

3)パートナーを大切にする

3つ目、いろいろな国を訪問しているため、

比較基準が増えたこと。

果たして今回何を学んで帰国するのだろうか?ワクワク感が今は強い。

予定をあえて細かく決めず、現地で情報収集を行うことで、旅程の変更も考えている。予想外の出会いや変化が出てくると思う。流れに身を任せ、自分の直感で旅を進めればと思う。