2014年12月7日

【W#63】アルゼンチン(3)〜ロス・グラシアレス公園の遊覧

エル・カラファテから車で20分近く行くと、ロス・グラシアレス国立公園に入ることができる。ちょうどチリとアルゼンチンの国境沿いに位置するこの公園は、アンデス山脈を境に気候がまるで違う。

10845937_10205495641218280_2396880420229135305_n

チリ側は比較的雨が多く気温も低いが、アルゼンチン側(エル・カラファテも含む)は偏西風がアンデス山脈で途切れるため乾燥していて半砂漠の状態になっている。エル・カラファテから国立公園に移動する間に美しい湖をみることができるが、それ以外はほとんど砂漠に近いような道になっている。

1511191_10205494497149679_4304321087185004512_n

ロス・グラシアレス国立公園を船で遊覧することになった。二つの氷河(ウプサラ氷河とスペガッツィーニ氷河)を見ることが目的となる。

DSC_5582 のコピー 2

車を降りるとそこは港で船が停泊していた。

DSC_5585 のコピー 2

船に乗り込むためには乗船券(ツアー代に含まれている)と国立公園入場料(215ペソ、おおよそ3,000円)が必要となる。入場料をその場で購入した。

2014-12-05 08.23.37

船を乗り込むとおおよそ定員100人のボートで意外と大きい。スペイン語と英語の2ヶ国語ナビでツアーがスタートした。

アルゼンチン湖から徐々に氷河へと進んでいくが、気候の変化が印象的だった。

まず最初は暖かい気候で見通しも良く、なぜここあたりに氷河があるのか?見当がつかなかった。

10636008_10205494498229706_6598392906671474597_n

63982_10205494498509713_16129969838733379_n

やがて、海も色が変わってきて、少しずつ氷河らしきものが見られるように。。。しかも、青い氷河!もちろん気温も低くなってきて寒くなってきた。天気も曇りで小雨が降っていた。

10393797_10205494749875997_8600366613257956736_n

10411233_10205494568671467_3520283501027866876_n

10461955_10205494563591340_1110536592085505125_n

船に乗ってから2時間近く経っただろうか。巨大な氷河が現れた。ウプサラ氷河だ。その大きさに圧倒されて、ただただ唖然。ここに何分滞在したのか、忘れさせてくれるような体験だった。

10409271_10205494544310858_6305978052765039356_n

10349010_10205494543270832_408732685353237366_n

ちなみに宇宙からみるとこのように見えるらしい(wikipediaより)。

Upsala_Glacier,_Argentina

さらに大きいスペガッツィーニ氷河が次に控えているというアナウンス。いったいどれだけ大きいのだろうか?ということでその約30分後、巨大な氷河が現れた。ちなみに、長さが80〜135メートル、氷河全体で25キロメートル、1.5キロの長さに及ぶ大きさとのこと。

10523530_10205494502349809_8661922345066843472_n

1475966_10205494538470712_4662053753585242110_n

10801710_10205494532950574_7641282119516710252_n

10849839_10205494524390360_8488333041735771223_n

何故氷河が青く見えるのか?というと、雪の結晶が溶けたものに圧力がかかって出来た氷河の氷は、透明度が高い。そのため、青い光だけを反射し、他の色は吸収してしまうんだそうだ。

船に乗っていた時間は5時間近く。ただただ、自然の威力に圧倒される一日だった。最終日(12月7日)はモレノ氷河でトレッキングを行う予定なので、実際に氷河を歩いた体験について書きたいと思う。