2015年4月19日

【W#147】サラマンカとアビラ

リスボンを含めたポルトガル観光を終えた2015年4月11日。次に向かった先はサラマンカ。

DSC_5353 のコピー

DSC_5362 のコピー

3日間で、ポルトガル・スペイン間の国境を2度越えることになった。スペインからポルトガルとポルトガルとスペインへの国境越えは少し違った。

DSC_5372 のコピー

ポルトガルへ入る際には、全く何事もないまま看板を通り過ぎるのみであったが、スペインには入る際には国境のそばで警官が待ち構えている。そこで、簡単な入国理由について聞かれる。それほど厳しいものではなかったが、国境審査は国の文化がでるので本当に興味深い。

DSC_5373 のコピー

さて、無事入国を果たし、サラマンカへ。

DSC_5379 のコピー

サラマンカはスペインで最も古いサラマンカ大学が1218年に建てられ、大学街として知られている。そこには スペイン内戦についての資料も保管しており、サラマンカへ向う途中、バスの中でスペイン内戦がどのようだったかについての説明があった。なぜ、スペインでカタルーニャ人やバスク人が独立運動を起こしているのか?又、パブロ・ピカソがなぜゲルニカを描いたのか?を知る上で、スペインの内戦は必要不可欠。この点については、次回書く予定だ。

DSC_5422 のコピー

ここの大学の入り口には頭蓋骨の上にカエルが描かれていて可愛らしい。

Frog

サラマンカは、方言のないスペイン語が話されていることで有名で、スペイン語を学ぶのであるならば、サラマンカがいいと評判だ。いわば、イタリアにおけるフィレンツェ、ドイツにおけるハノーバーとも言える。

DSC_5401 のコピー

サラマンカ大聖堂には、宇宙人とうさぎが描かれており、うさぎを撫でると運を引き寄せるらしい。もちろん、私も試してみた。

DSC_5440 のコピー

DSC_5446 のコピー

DSC_5450 のコピー

1100年から建設を始め、200年かけて作られたらしいが、宇宙人が描かれたのはいつなのか。。。謎だ。

DSC_5464 のコピー

サラマンカの短期滞在後、次に向かったのはアビラ。アビラはマドリードから約90km。いよいよ旅の最後を飾るマドリードに近づいてきた。

DSC_5482 のコピー

中世の都市がそのままの姿で残っている稀な街のアビラ。中世・ルネサンス期に建てられた邸宅が残っている。

DSC_5586 のコピー

アビラ自体は、全長3.5km、高さの平均値12m、厚さ3mの城壁に囲まれていて、城壁を登ってアビラの街並みを見ることもできる。

DSC_5588 のコピー

DSC_5597 のコピー

私自身、城塞都市を幾つか見たことがあるが、私の大好きな街の一つ、フランスのコート・ダジュールのエズ市を彷彿とされる雰囲気を感じた。

DSC_5547 のコピー

DSC_5603 のコピー

面白かったのは、日本語表示が多かったこと。昔はここに大量の日本人観光客が訪れ、賑わったのだろう。今は中国や韓国の人たちのほうが多くなったが。。。

サラマンカとアビラの旅程を全て終え、いよいよ最後のマドリードへ向かった。ソフィア王妃芸術センターのゲルニカを見たので、それについて取り上げたい。