2016年12月4日

【E#134】師走に入って〜2016年の振り返り

2016年も最終月(12月)に入り、今年度の振り返りの時期に入っている。友人が主催し、私のセッション・ルームで「2016年振り返り企画」を開催した。参加者は合計で4人。12月6日、7日に事業計画を練る予定なので、それに向けていい振り返りになったと考えている。

本コラムでは、どのような方法をとって行ったのか、その結果何を学んだのか?について書きたい。

IMG_6459

2016年11月上旬。

友人から

40人のビジネスパーソンが絶賛した「1年の振り返り」完全マニュアル

というのがあるけど、仲間を集めてぜひ開催したい!

ということで実現した。

この振り返りの特徴としては、

1)雛形=テンプレートを使って、一人一人が物語形式で、自分の1年を自分の言葉で語ること。

2)途中途中、他者からのフィードバックを頂くこと。その際には、質問シートも用意され、どのような質問をするのか?が明確になっていること。

3)参加者が4人であることがちょうどよく、誰からがファシリテートする必要もない状態になること。

4)他者の経験から学ぶことができること。

が挙げられる。

IMG_2421

企画が開始されたのが、午後1時。一人持ち時間が1時間で、事前配布されたパワーポイントの雛形を埋めた内容をシェアすることを中心に行われた。印象に残ったことは、テーブルに用意された模造紙に記入することで会が進む。

雛形には、四半期別に、一言メモ、大きなイベント、注力したこと、記号、キーの人物という5つの項目が用意されている。

一言メモは、該当期間にどんな時期だったのか、箇条書きで記入。

2014-08-30 16.18.46

例えば、私の場合は、

セッション・ルーム・レンタル開始、一人暮らし用部屋を用意、人の話の聞き方講座提供開始、自分軸セミナー提供

等を該当する期間に記入していった。

大きなイベントは、インパクトの大きかった出来事を洗い出す。

例えば、

学んだことの実践、お金の勉強会への参加、開業1周年、セッションを絞る、等。

注力したことは、該当期間に、何に注力したのか矢印で記入。注力度によって、矢印の太さを変化させる。

例えば、

ロルフィング・セッションを終えた方向けにどう継続させるのか?を考えるために何に注力したのか?

トレーニングでどのような実践をしたのか?

10290928_m

記号は、該当期間について、「一言で言うと何だったのか?」キーワード記入する。

私の場合には、

1月〜3月:基礎と土台、4月〜6月:ビジネスの見直し、7月〜9月:生産性+バックエンド、10月〜12月:土台からの発展

となる。

最後にキーの人物。今回、特徴的だったのは、該当時期にどのような人物が自分に影響を及ぼしたのか?が記していたことだ。

12295529_10208257755069400_1070565402546298891_n

2016年の振り返りシートA4、1枚を用意して、振り返りが行われた。

自分のビジネスを振り返るのに、ダイジェストで自分で振り返ることができるのみならず、参加者一人一人からもフィードバックをいただける。

「値上げする時に、ルートの法則で行うと、いい!」

「なぜ、この時期にこういった判断をしたのか?」

「商売を疲弊しないために、どういった施策をとったのか?」

等、自分が思いもよらない質問が出てくる。

更に、自分がプレゼンしていない時にも、

言語が思考を形成すること、物事をなす時にはオーナーシップが大事、幸福の定義をどのようにするのか?成長=生産性を上げること

といった話題も登場。失敗から何を学んだのか?を他人の物語から自分で追体験できるところがいい。

そして、違った手段とはいえ、「主体性を発揮する」という意味では4人とも共通点があることも大きな発見だった。

今回得られたところとしては、

1)2017年は継続して今のビジネスを発展させること

2)ホメオパシーの勉強を本格的に進めること

3)引き続き、ロルフィングの10回シリーズを終えた方向けにフォローアップ・セッションをどのように提供するか?トレーニングへの参加を含め検討すること

といった課題が出てきた。

2017年の事業計画にこれらを入れて、2017年に臨めればと考えている。

最後に、企画していただいた、友人や参加者に感謝したい。

12064459_10203789019205021_1051048786_n