2016年12月18日

【W#168】ミュンヘン(12)〜昼食+グリューワイン

ミュンヘンに到着してから7日目(2016年12月17日)。Supervision Workshopも明日が最終日。明日の夕方にはフランクフルトに移動するため、ミュンヘンでの最後の夜となった。

IMG_6529

今回、Supervision Workshop期間中に訪れたオーガニック専門店とMuenchner Freiheitでのクリスマス・マーケットについて取り上げたい。

10596216_10204532624663468_1617062779_n

European Rolfing Association(欧州ロルフィング協会)から歩いて2分のところにオーガニック専門店、BASICがある。

IMG_6570

BASICについては「ミュンヘン(6)〜オーガニック専門店」で書いたが、ここにはオーガニック製品のみを扱うスーパーマーケットとそれに隣接するレストランがある。レストランの方もオーガニックの素材で調理された料理を提供していて、今回参加したメンバーが毎日ここで食事をとった。

IMG_6571

玄米や野菜のスープ、ラザニア(写真参照)などが注文でき、値段は大体15〜18ユーロと少し高いが素材がよく美味しいので食を十分に楽しむことができる。

IMG_6574

話が変わるが、ちょうど今の時期はクリスマス・マーケットの季節。「ミュンヘン(11)〜クリスマス・マーケット」でMarienplatz周辺のクリスマス・マーケットを取り上げた。

IMG_6577

実は、ミュンヘン中央駅から地下鉄で15分離れたMuenchner Freiheit駅にもマーケットがある。

IMG_6578

ここでは、グリューワイン(Gluehwein)というカクテルを楽しむことができる。グリューワインとは、ワインと香辛料(シナモン、オレンジピール、グローブ等)、砂糖やシロップを使って火で温めることで作ることができるホット・カクテルの一つ。

IMG_6594

通常クリスマス・マーケットのシーズンに楽しむことができる。赤ワインをベースとしたもので4ユーロ+クリスマス・マグ2ユーロ(返却すると2ユーロが戻ってくる)の合計6ユーロで店頭で購入。思ったよりも飲みやすく、アルコールの弱い私でもすぐにいただくことができた。

IMG_6579

音楽が響く中で最終日の夜にSupervision Workshopの仲間とともにグリューワインで乾杯。1週間に渡るワークショップの振り返りをシェアすることができた。

IMG_6581

今回のWorkshopも国籍が多彩。香港在住のブラジル人、スイス人、ドイツ人、イタリア人等、様々な文化の話題で盛り上がったが、Marienplatzのクリスマス・マーケットとは違った雰囲気の職人色の強い店が多く、ここでの観光も楽しむことができた。

IMG_6584

IMG_6593

IMG_6591

ドイツの滞在も残りわずか。明日はSupervision Workshop最終日。フランクフルトへ移動するので、もしフランクフルトで観光する時間があれば、クリスマス・マーケットを見てみたい。

12064459_10203789019205021_1051048786_n