2017年6月5日

【J#43】長崎・佐賀(4)〜「四次元パーラーあんでるせん」〜不思議なショーを通じて見えてきたもの

2015年5月15日(金)に長崎県の川棚駅から徒歩圏内にある「4次元パーラーあんでるせん」。ゴールデンウィーク中に誘われ、速攻で二つ返事で快諾。弾丸で伺ってから2年がたった(「長崎・佐賀(2)〜武雄温泉と川棚」参照)。

「あんでるせん」でみたショーは、とにかく衝撃の一言。せっかく経験した1年近くの世界一周の経験が完全に吹っ飛び、旅がなんだったのだろうか、、、と思わせるような3時間だった。

IMG_7003

その衝撃というのは、語ってもなかなか人に伝わらない。そうこう2年の間に、いろいろな人に伝えて行くことによって、2度目が実現。

今回も、友人からの誘いもあり、2017年6月3日(土)に2回目のあんでるせんに伺うことになった。今回は、友人・知人仲間を含め6人。

IMG_6998

午前8時半に小浜温泉を出発(前日の模様については「長崎・佐賀(3)〜出島と小浜温泉:江戸時代にどのように日本人は外国と接したのか?考えてみた」参照)。諫早駅へバスで移動。諫早駅からシーサイドラインで、川棚駅に午前11時10分に到着した。

IMG_7001

人通りの少ない川棚駅から歩くこと数分。

IMG_7002

ギフトフーズひさむらに左手にあんでるせんのサインと電光掲示板が。そして右手には、ピンク色の「あんでるせん」の看板が見えてきた。

IMG_7003

午前11時を経過していたので、前回のように待たされることなく、喫茶店の中に入ることができた。

IMG_7005

IMG_7006

階段を上がって行くと、入り口が左手に見えてくる。その間、様々な絵が飛び込んでくる。

IMG_7007

そして、喫茶店の中へ。

IMG_7023

「あんでるせん」のマスター・しゅんさんは、折り紙を得意としている。そのため、様々な作品が喫茶店内に所狭しと展示されているが、一つ一つの作品が本当に素晴らしい。

IMG_7015

IMG_7014

IMG_7013

前回は、作品を見る余裕がなかったので、今回はゆっくりと見ることができた。料理を850円以上注文すると、ショーが無料で見れるので、ハンバーガー定食をリクエスト。1時間近くかかったが、無事食事がきた。

IMG_7021

午後2時半頃に、カウンターのそばに席が準備され、合計で33人の参加者とともにショーが始まった。

IMG_7022

ショーの写真は割愛することにして(ご興味がありましたら、是非予約を取って「あんでるせん」に行ってみてください)

どのようなショーだったのか?

具体的に書くと

ランダムに投げたサイコロの目を当てる、ランダムに束になったトランプが7のゾロ目として現れる

絵に描いたハンバーガーが現実のものとして目の前に現れる

ちぎったトランプが、トランプの束を投げることで額縁の中に入った

コカコーラのラベルが内側へ

割ってない生卵と千円札を袋に入れて、振ると、千円札が消え、生卵を割るとその中から千円札が(控えていた番号が一致)

目の前で500円玉を伸ばしたり、穴を入れたり、それがふさがったり

50円玉やペンが千円札を貫通する

ルービックキューブを1秒でランダムだったのが揃える

電卓で5人が入力した、4桁と5桁の数字を引き算、足し算することで、なんとくじで指名された人の生年月日と一致

マスターが予言として絵を描いた紙と、その場でくじ引きで指名された人の絵が一致。しかも、姓名の漢字まで。

等等。

ただただ、唖然。41カ国、アメリカに7年、ドイツに半年滞在した経験があり、様々なものを見てきたが、これ以上にすごいショーは見たことがないし、今後とも見ることがないと思う。

「現実は作ることができる」「練習することで到達することができる」「今のままで大丈夫」「自由でいいんだよ」

といった人生訓とともに2時間半に渡るショーが終わった。

途中までは、わかりやすく予想できるというものもあったのだが、途中からスピードを上げていき、全くペースがつかめなくなっていった。

結局は、仕掛けを理解するのではなく、

「考えるのではなく、現実を感じろ(Don’t think Feel!)」

ということが大事だということがわかってきた。

最後に、マスターからのメッセージとして

「今のままで大丈夫」

と背中を押された。

「負けず嫌い」なところもあるよ、という指摘もあったのだが、自分の中で、どのように今後、活動していったらいいのか?ヒント満載のショー。

前回は個人事業主として、活動しても大丈夫だというお墨付きが与えられて、その後の2年間順調に進むことができた。これからの2〜3年。どのような形で自分のビジネスが発展して行くのか?本当に楽しみになってきた。

マスターやご一緒させていただいた5人の仲間に感謝するのと同時に、いい形で今後進めればと思っている。

12064459_10203789019205021_1051048786_n