2018年5月4日

【RMT#4-1】Rolf Movement – 40代・女性・KS様(会社員):1回目

2018年2月よりRolf Movement3回シリーズのモニターを募集したところ、興味を持っていただける方がいらしたので、2018年4月より提供を開始した(「Rolf Movementのモニター募集〜2018年3月末まで」参照)。

Rolf Movementの3回シリーズの3人目の1回目が終了したので、受ける前と受けた後の感想をシェアしたいと思う。

1)始める前に何を期待してお越しいただきましたか?

ロルフィングは18年ほど前に受けた経験がありますが、年を重ねるうちに ヨガにマシンを使ったピラティスレッスンを加え、ヨガの時間を減らしたり、瞑想の時間を増やしたりすると共に、より体のメンテナンスやコンディショニングに時間をかける必要性を感じてきています。

又、畑仕事に携わることがあるのですが、その際腰が痛くなるので、予防としてベルトを巻くことがあります。

そのようなことから、セルフ・メンテナンスに役立つような動きを覚えられればと思い、今回お世話になる形になりました。

2)1回目のセッションが終わった後どうでしたか?

施術は、下半身が中心でしたが、足裏や仙骨と骨盤を緩める意識を持つことと、首、顎の力を抜くということを動きを通じて、学ぶことで、歩きや座って立つ動作の際に、どこに力が入っているのか?そしてどのように力を抜いたらいいのか?肋骨の下のみぞおちのあたりから足が出ているという意識を持つことで、足が楽になるということを体感しました。

そして、上半身の首・肩の緊張と腰のあたりが気になっていましたが、軽減されたと感じています。

ヨガのポーズについても、今後足裏やみぞおち付近を意識して練習できればと考えています。

大塚さん自身がヨガや瞑想を日々の生活に取り入れられているという共通点から分かり合える部分が多く、信頼してお話を伺うことができました。