2019年4月2日

【E#195】認定から4年(3)〜サロンの引っ越し+天然素材でできたサロン

2019年3月26日(火)、桜が満開の中、渋谷から恵比寿へ引っ越し(物件間の距離は約1キロ)を終えてから1週間が過ぎた。

レオパレス違法建築問題で、3月末は「引っ越し難民」が大量発生。

幸運だったのは、その問題が発生する前に、引っ越し業者を依頼。

引っ越し業者の3社の相見積もりをいただき、業者を選択。アップル引っ越しセンターが、引っ越し繁茂期にしては、お手頃な価格を提示していただいたのが決め手となり、依頼した。

さらに、友人からの不動産業者の紹介で、管理会社と交渉していただいた結果、契約にかかる費用もだいぶ節約。

そう考えると、今回の引っ越しも様々な方のサポートをいただいた。そして、引っ越しに際して、祝儀もいただきました。改めてサポートいただいた方に感謝したい。

荷物は数日かけて30箱にまとめ、当日引っ越し業者によって追加で10箱が投入。

40箱の荷物を引っ越し業者に依頼して、1LDKから2LDKへの物件へトラックで移動した。

旧サロンは10階で、新サロンは12階。

それぞれに高速エレベーターが設置されているので、比較的移動は楽。

午後3時荷物出し、午後6時半には荷物搬入を終了した。

事前に電気・ガス・水道の手続きと契約手続きを終えたので、当日はガスの手続きを新旧サロンで立ち会った以外はそれほど大きなトラブルはなかった。

旧サロンのレイアウトで、早いうちにお客さんが訪れやすいように整備したかったので、荷物搬入後に早急にダンボールの解体と荷物の整理に取り掛かった。

お陰様で、2日後(3月28日)にはセッションの提供も開始できた。

3月30日(土)には、渋谷から恵比寿・代官山に引っ越した後に初めてイベントも開催。6名のゲストと共に料理も提供した(「『糖質制限を知る』〜糖質制限をすると何が起こるのか?筋肉が落ちることを含め」参照)。

今回のサロンの特徴は、寝室(和室)とリビングが繋がっているところ。敷居が襖で仕切ることができるが、開くと最大で20畳近くになる。プロジェクターとスクリーンをどこに置くのか、迷うところだが、旧サロンに比べ、人数を多めに招くことができるので、色々な可能性が広がりそう。

旧サロンと違い、新サロンでは天然素材が多く使われているところ。

床は畳と木のフローリングが引いてあること。無垢材のフローリングは初めてなのだが、自分の体調がすごくいい。旧サロンで疲れを感じていたのが、新サロンではあまり疲れを感じさせない。

恵比寿駅、代官山駅と、渋谷駅からは一駅になるが、渋谷駅からのアクセスに比べるとよりわかりやすくなっているので、もし新しいサロンを見てみたい方、この機にセッションを受けてみたい方、是非ともお問い合わせください!