2019年5月20日

【E#197】4周年を迎えて(2)〜フローティングタンクの体験とマインドの整え方

2019年6月1日に、サロン・ZEROを開業してから4周年を迎える(「4周年を迎えて(1)〜4周年記念セミナーを開催します」に、開業から今までについて書いた)。

昨日(同年5月19日)、二度目のフローティングタンクの体験をしてきた。

アイソレーション・タンクと呼ばれていて、欧米を中心に流行っているとのこと。今回伺ったオーナーさんは、スポーツ選手や芸能人も忍びで訪れることを伺った。

感覚遮断するための装置の一つで、カプセルの形をした装置に、皮膚の温度に保地、高濃度のエプソムソルトの入った塩水に身体を浮かばせることで、皮膚感覚や重力の感覚を大きく制限することができる。

前回(4月23日)に知人の紹介で、初めてフローティングタンクを体験。

今回は二度目となった。

シャワーを浴びて一度、身体を洗ったのちに、耳栓をして、裸のまま装置の中へ。

以前、世界一周の時に、ボリビアで塩湖で泳いだ経験があるが、それ以上に浮く。

浮き輪をつけることがなく、首にも負担かけることなく、浮くことができるので、毎回全身の力を抜くことができる。

今回も、音楽が流れている中、装置の中に入り、消灯。音楽が流れ終わり、1時間後、再度音楽の合図が 。何時間かおきに、15分程度、水を流す必要があるため、そのタイミングで起き上がる。

起き上がった後、頭がスッキリ、まるで瞑想や内観をしているかのような感覚となるのが不思議。

そして、バスソルトとして開発されたエプソムソルト。硫化マグネシウムの成分が皮膚の角質を綺麗にしてくれるので、皮膚もすべすべの状態になる。

ロルフィングとの相性もいいと思っています。もしご興味がありましたら、お知らせください。ご紹介いたします。

さて、私は、個人事業主となってから、

「どのようにしてマインドを整えるのか?」

に興味を持って色々な取り組みをしてきた。

アシュタンガ・ヴェンヤーサ・ヨガ、ロルフィング、ソースポイント、瞑想、集中内観、日常内観(内観については「集中内観に参加して(3)〜内観フォーラムへの参加と青野社長の話」参照)、等。

フローティングタンクの取り組みのその一つだが、

「なぜマインドを整えることに興味を持っているのか?」

実は、

個人事業主になって、

心の状態をニュートラルにしておくこと

がマーケティングや営業の知識よりも、はるかに大切で、心の状態を整える度合いによって、集客やビジネスがうまく行くかどうかを決めるのではないか、と思うようになってきた。

ポイントは

心の状態がいい・悪いではない

ことだ。

個人事業はお客様があって、商売が成り立つところがあるので、自分が伝えたい、やりたいことが明確であっても、集客の良し悪しが、どうしても出てくる。その良し悪しに振り回されることなく、心をニュートラルにしておくこと。これには、自分の心を整えておくことが大事となる。

それには姿勢を整えることが大事となるが、ロルフィングで軸が整っていると、ニュートラルの状態が比較的見つけやすくなる。

今回、2019年5月24日(金)、4周年セミナーでは、心の整え方についてご紹介させていただく予定だ。

私が行なっている心の整え方は、

1)ヨガ(週2〜3回)

2)瞑想・日常内観

3)ソースポイントによって心を整える

だ。

どのようにして、このような手法にたどり着いたのかは、話そうと思っているが、心を断捨離していく上で、これらは素晴らしいアプローチだと思う。

ただ、それぞれ個々に応じて、自分で見つけることが大事。

まだまだ、4周年セミナーについては、募集をしています。

ロルフィングの体験セッションも行なっていますので、ご興味がありましたら、是非ともお問い合わせください!