2020年7月22日

【J#65】4度目のあんでるせん〜自分が楽しむことが大事+想像力を働かせる

2020年7月15日(水)、約1年ぶりに長崎県川棚市にある「四次元パーラーあんでるせん」(以下あんでるせん)に伺う機会があった(今回は3泊4日の旅で最初にあんでるせんに伺った)。

あんでるせんは、マスターの久村俊英さんがマジックとサイキックショーを提供する喫茶店として有名で全国からタレントを含め様々な方が訪れる。月に第二と第四日曜日以外は営業をしているが、全て予約制。カウンターの特等席(6席)は毎月の1日の午後には埋まってしまう。

もしご興味がありましたら、下記にお問い合わせください。

連絡先:0956-82-2375(受付開始時間、午前8時)

今回運よく席を確保することができ、4回目にして初めてカウンター席でショーを鑑賞することができた。

私は、2014年8月〜2015年6月にかけて世界一周券とLCC(Low Cost Carrier、格安航空会社)を利用して世界一周の旅へ(世界一周券については「世界一周から学ぶ(7)〜世界一周券(2)+LCC」「世界一周から学ぶ(6)〜世界一周券(1)〜どのように活用するか?」)(世界一周については「世界一周から学ぶ(10)〜ベスト3」を含め、ブログに書いていますので興味がありましたらご参照ください)。

マチュピチュ(「マチュピチュ村」「マチュピチュ」参照)、ウユニ塩湖(「ウユニ塩湖」参照)、パタゴニア(「トーレス・デル・パイネ国立公園」「ペリト・モレノ氷河」参照)を初め、様々な場所を訪れた。

一番印象に残った場所は?聞かれる際に、

必ず

「四次元パーラーあんでるせん」

と答えるようにしている。

なぜそこまで、と思うのだが、

2015年5月に現地を訪れた際に、

あまりにも早く展開されるショーに、思わず絶句。

マスターのメッセージの一つである、

「何事も練習すれば、実現するよ!」

のメッセージとともに、

「世の中の出来事は全て幻想だ」

だから

「個人事業主として活動していっても大丈夫だ」

と妙な安心感があった。

懸念していた、自分の不安のメンタルブロックを外すのに大いに役だったと思う(詳しくは「長崎・佐賀(2)〜武雄温泉と川棚」参照)。

2回目は、個人事業主として活動してから2年が過ぎたあたりで伺うことになった。

2回目なので、ショーの仕掛けがわかるだろうと思いきや、ルビックキューブを簡単に揃える、電卓を何人かで2桁、3桁、4桁を適当に叩くと、最終的に、お客さんの誕生日が浮かび上がってくるといったことを見るにつけ、

「考えるのではなく、現実を感じろ(Don’t think Feel!)」

「今のままで大丈夫」

といったメッセージを受け取った(「「四次元パーラーあんでるせん」〜不思議なショーを通じて見えてきたもの」参照)。

3回目は、台風の最中、現地入り。

ビジネスが転換期を迎え、答えを外に求めている時期に伺うことになった(「3度目のあんでるせん〜下座に生きる、メッセージを受け取る」参照)。

当時のメモ帳には、

1)思い込みが物事の実現を阻むこと

2)3ヶ月間、言葉に注意。愚痴を言わないで過ごすと劇的な変化が起きること

3)物事は練習をすることが大事

4)下座に生きる

5)健康面も結局は自分次第。必ず完了形の言葉にすること

といったことを書いた。

個人事業主として、売上高に悩みを抱えた時期でもあり、マスターから

「今のままで大丈夫」

というお墨付きが得られたように感じた。

今回で4回目、しかもカウンター席。コロナ禍で、売上が大幅に落ち込んだ時期に伺うことになった。

現に、飛行機の欠航が相次いだ。幸運なことに、我々の搭乗した飛行機は予定通り、午前6時50分発のフライトで長崎入りすることができた。そして、知人を含め4名で川棚へレンタカーで向かった。

午前11時に開店し、昼食をオーダー。午後2時半頃にショーはスタートし、3時間ほどで終わった。

マスターが特別な能力を持っているのに、才能を見せびらかしたり、知識をひけらかしたり、必要以上に自分に見せるわけでもなく・・・

誰でも練習すればできるよ、

といった気づきがあったが、

「自分が輝いていて楽しんでいれば、それに伴って喜んでいる人も現れる」

「(周囲の人が楽しんでいるという)想像力を働かせることが大事だ」

といったことを体感できた。

あんでるせんは他の人にも訪れて欲しいので、直感として今回が訪れる最後になりそう。

行動できずに悩んでいる方、メンタルブロックを外したい方、純粋に楽しいショーを見たい方、等、是非気分転換を図りたい方には、お勧めたしたい。