2018年5月17日

【R#189】「身体」から「心」に変化を促す〜身体が答えを知っている

ロルフィングは、

「目に見えない」(=「実体のないもの」)=「心理的なもの」

よりも

「目に見える」(=「実体のあるもの」)=「身体的なもの」

に目を向ける。

注目しているのは

「楽な姿勢」

だ。

多くの人は、

「楽な姿勢」

よりも

「正しい姿勢」「間違った姿勢」

が大事だと思い込んでいる。

何故ならば、姿勢というものは、無意識的に身につけているからだ。

人は成長していくにつれて、親、学校の先生、会社を通じて、

「どういった姿勢が正しいのか?」

「間違っているのか?」

人から教えられることで、学んでいく。

その結果、姿勢について

「身体の声」

よりも、

「頭」

で考えるようになり、

「必要のない力が身体に入った状態」=「負担のかかった姿勢」

が知らない間に身についていく。

姿勢は「思い込み」や「心理的」

な部分の影響が強い。

だからこそ、

急場凌ぎで、マッサージや整体に通っても、

「思い込み」や「心理的な」問題が解決しなければ、

元に戻ってしまうのだ。

「思い込み」や「心理的な」

といった

「目に見えないもの」を扱う

のではなく、

「身体」

という

「目の見えるもの」を扱う。

そして

「楽な姿勢」

を一緒に見つけることで、

結果的に

「思い込み」や「心理的」

な部分が変化することを期待する。

もちろん、私自身、コーチングのトレーニングを受けているので、 コンサルテーションではコーチングのスキルを使うが、 身体感覚も含めてセッションを行うと、変化が早まる実感がある。

体験セッションも行っていますので、

身体を通じて自分の「思い込み」について見直したい方は

サロンZEROまでお越しください。